2008年3月17日月曜日

インストアその後とフラインスピン感謝祭のお知らせ


数日間の空白などまるでなかったかのように、土曜日のお話をいたしましょう。


新宿タワレコ、インストアでライブにきてくださった皆々さま、本当にありがとうございました!おもっていたよりもずっと多くの人に囲まれて、関係者一同仰天しつつも感激しきりでありました。何と言っても、タケウチカズタケの「UNDER THE WILLOW -PANDA-」は、当日だけで40枚、というか店頭に並んでいた分ほとんどすべて売り切ってしまうというとんでもない偉業をなしとげたらしく、イベント担当者の度肝を抜いて僕らも鼻高々です。売れすぎだよ!その後に催されたサイン会では、握手を求める人の列がとおく離れた店外の階段までずらずらと50人ちかくも並んでいたというのだから、その熱気たるやおそるべしというか、すごいなあ。タケウチカズタケのソロライブはピアノ弾きとはおもえないハイテンション、サンプラーとカオスパッドを同時に駆使する超絶技巧、ヒップなサウンドと美しいメロディが相俟った、希有にしてドープな音楽体験だと確信している僕も、見ていてじつに痛快な光景でありました。一度目にすればトリコにならないわけがないんだ。僕もちょこちょこいっしょにサインをさせてもらったりして、まるで人気者になったかのような気分も味わうことができました(このさい錯覚でもいい)。人前に立つことはもちろん、パフォーマンスを至上のよろこびとしてきた男ではまったくないので、いまだにステージ上で「これはいったいどういうことなんだ?」とふしぎな思いにとらわれることしばしばなのだけれど、そんな複雑な胸中もひっくるめて歩みを進めようとしみじみ感じた春先の土曜日です。たのしかった。

いつもそんなこと言ってる気がしますね。でもいいんだ。

質問箱にメールをくれた人も幾人か来てくれていて、うれしかったです。どうもありがとう!ちょくせつお会いできるよろこびって、やっぱり格別のものがあります。ライブがすくなくてすみません。



 *


次のライブは4月です。深夜番組的な立ち位置ながらもじわじわと視聴率を上げつつあるはみ出し音楽レーベル FLY N' SPIN RECORDS が、総力を挙げてお送りする感謝祭@渋谷Flying Books!フラインスピンの稼ぎ頭であるSUIKA、2年半ぶりのアルバム「カッコいい」のリリースを記念して行われるこのイベントに、僕もしれっと参加します。アットホームどころかもはやアットマイルームな雰囲気のなかでわいわいがやがやとファットな時間を味わえる貴重な機会です。まだイベント時のフライングブックスにいらしたことのないかたは、どいつもこいつもお誘い合わせの上、ふるってご予約くださいませ。チケットと引き換えに発売前のSUIKA新譜がもれなくついてくる、おトクなお祭りです。

なんといってもSUIKAのライブを観て、笑顔で帰らなかった人を僕は知りません。タケウチカズタケのソロライブを観てぶったまげた人ならわかるとおもうけれど、要は彼が5人いるようなものだからその破壊力は推して知るべしと言えましょう。「カッコいい」というミもフタもないアルバムタイトルがいかに的を射ているか、その目でぜひぜひ確かめてみてください。

ただ、ハコが古本屋さんなので席数があんまり多くありません。予約限定50名であるばかりか、当日券はないみたいなので、早めの予約をおすすめします。来たらぜったい、元気になれるから!


 *


おまけ その1
タケウチカズタケの横でなぜか自分の著作にサインしている古川P




おまけ その2
お尻から2本の何かを発射しようとするタケウチカズタケ



 *


数日間の空白にいったい何があったのか?




じつは高熱を出して今も寝こんでいるのです。

2 件のコメント:

j さんのコメント...

熱、大丈夫ですか?
季節の変わり目だから気をつけてくださいね。

Flying Booksの感謝祭予約しました。
生大吾さんを見れるのを楽しみにしています。

ピス田助手 さんのコメント...

jさん

ありがとうございます。ご心配をおかけしてほんとにすみません。感謝祭、予約してくださったんですね!ぜったいに期待を上回る素敵な夜になるとおもうので、楽しみにしてください。僕もたのしみです。