2020年2月9日日曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その301

猥雑な銀座


ずいずいずっころマシンさんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)


Q. おみくじに書かれていたコメントで印象に残っている言葉ってありますか?(私は友達とケンカした直後にたまたま立ち寄った花園神社でひいた「短気をなおしましょう」です。)


こうきれいに見透かされると、おみくじを引く甲斐もあっていいですね。

僕は毎度「ふむふむ」というかんじでほとんど印象にのこっていませんが、単純な結果だけなら昔ミス・スパンコールの引いた「半吉」が今も脳裏に深く刻みこまれています。

 半吉 

凶なら結んで厄払いもできそうだけど、半吉なんかどうしたらいいんだ、むしろ凶のほうが執り成しようもあったじゃないか、どういうきもちで向き合えというんだ、まさか「微吉」とか「塵吉」とか「弱吉」もぶっ込んであるんじゃないだろうな?

と、足下に抛られる小銭めいた忌々しい善意に当時は騒然としたものです。どこの神社だったかなあ、今なら絶対画像にのこしてSNSでシェアしてぶんぶんバズらせもしたのに、もったいないことだとおもいます。僕が引いたわけじゃないのに。



A. コメントじゃないけど、「半吉」です。




質問はいつでも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)



その302につづく!

2020年2月6日木曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その300


満を持しての300回です。足かけ10年以上、通算300回という大台に乗りながら、結局のところ今も僕がどこかで生存しているくらいの意味しかないことを考え合わせると、その巨大な蜃気楼ぶりがしみじみと胸にしみ入ります。

それもこれもキャンペーンと称して年賀状と引き換えに質問を取り立てる僕のあこぎなやり方のおかげです。本当にありがとう!

そして栄えある300回目の質問は……ダラララララ(ドラムロール)、これだ!


ヒポポポポポポタマスさんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)途中でバーストを挟んでしまったカバのことですね。


Q. 好きな四字熟語、ことわざがあれば、教えていただきたいです。


ことわざなら「泥棒を捕らえて縄を綯う」、略して泥縄が好きです。手遅れというその意味がではなく、捕まえた泥棒のそばで「待って、待ってて!」とか言いながらもたもたと縄をなう、その絵面が心に残ります。そんでその捕まえた人がまた不器用で、ちっともうまくいかずに途中でやり直したりして時間ばかりがムダに過ぎ、イライラしてきた泥棒が「じれってえな、ちょっと貸してみろ」とか言って器用にささっと縄を仕上げちゃったりする、そんなイメージが好きです。

ただ個人的には捕まえたあとではなく、今まさに逃亡中の泥棒を捕まえるための縄をもたもた綯うような意味合いで使っているところがあります。なんとなれば僕がそういう人生を送っているからです。

四字熟語なら「青椒肉絲」ですね。


A. 青椒肉絲です。




質問はいつでも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)



その301につづく!


2020年2月1日土曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その299


更新する段になってあったいへんだとうとう300回の大台じゃないか、しまった何もしてなかった、せめて、せめて心のこもった祝福的なイラストだけでも!とあわてて描いたらまだ299回でした。

心のこもった祝福的なイラスト


時価アイドルさんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)


Q. 今日たった今うっかりミスにより悲しい現実とご対面してしまいました。こんな時はどういう風に気持ちを切り替えるのがおすすめですか?


奇遇なことに僕もたった今冒頭でうっかりミスをしでかしたばかりです。

それはさておきこれは、悲しい現実に直面したとき人はいかにして気持ちを切り替えるか、いわゆる「悲しい現実に直面したとき人はいかにして気持ちを切り替えるか」問題ですね。

浜辺の波打ち際を全力疾走したり、キャベツを一心不乱に刻んだり、空をふわふわ飛んでいくビニール袋を追跡したり、橋という橋に一休さんよろしく「このはし渡るべからず」と立て札を立てたり、1枚でいい写真を狂ったようにバーストしたり、月末のフライデーをプレミアムにしてみたり、コインランドリーで拾った紙くずから世界を巻きこむ恐るべき策略の片棒を担ぐ羽目に陥ったり、本人も半信半疑のまま大統領選に勝利してすったもんだのあげく弾劾裁判に突入したりとじつにさまざまな気持ちの切り替え方がありますが、大統領に当選からの弾劾裁判ルートはそれ自体に気持ちの切り替えが必要になってくるとおもうので、上書きという意味でもおそらくかなりの効果があるはずです。新たに切り替える必要が生じた気持ちについてはまた別の策を講じないといけませんが、すくなくともその時点で最初に切り替えたかった気持ちは忘却の彼方にあるとみて間違いありません。

あとはそうですね。ゴルフボールを垂直に3つ積み重ねるのもおすすめです。2つまではわりとすぐですが、3つとなると思いのほか強靭な集中力が求められます。僕自身が昔よくひまつぶしにやっていたので確かです。絶妙なバランスで3つ積み上がった瞬間の感動はちょっとしたものですよ。じーんとした静かなよろこびのあとにヌッと頭をもたげる虚無感も味わい深いものがあります。


A. 大統領になれる国の永住権を取得する、もしくはとりあえずゴルフショップに行きましょう。




質問はいつでも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)



いよいよ大台です、大台ですがとくにどうなるわけでもない、その300につづく!