2018年6月11日月曜日

TRINCHセール夏だよTシャツ編2018のお知らせ



例によって例のごとく、といつもなら冷や汗とともに始めるところですがさにあらず、実際こんなに首尾よく告知できたことが果たして今まであったかどうか、今年はたまたま前夜に気づいたので胸を張って堂々と鼻息も荒くお知らせです。

KBDGグラフィックの総本山、TRINCHのTシャツが明日から月曜までの7日間、全品1,000円OFFになります。キャッホー!


TRINCH

対象期間:6月12日(火)12:00 〜 6月18日(月)18:00
割引額:Tシャツ1点につき1,000円OFF

そんなわけでそれでなくとも30種類ちかくあるTシャツをさらに5点、追加しています。個人的なイチオシは「2人暮らし専用マンション『パートナーズ』の間取り図」です。ワニの頭をした小娘もかわいい。





しかしTRINCHって何だっけ?と眉間にしわをお寄せになるのもムリはありません。小林大吾は周囲に人が見当たらないというたいへん切実な理由からグラフィックまで手がけざるを得なくなった詩人ですが、このグラフィックの側面のみをまるごと切り抜いて独立させたのがつまり、TRINCHです。基本的にはKBDGのことなどご存じなくとも楽しめるように配慮しつつ、アルバムをお持ちの方ならそのスピンオフとしてより一層お楽しみいただけます。せっかくなのでとりあえずズッキュン(商品画像の右上にあるハートマーク)だけでも100回くらい押しておいてください。

※前回同様、セール時のテキストをまるっとサンプリングしています


2018年6月8日金曜日

ツアー限定アルバム「the 3」のこと、ならびにツアーってなんだよ先に言え的なSolo Solo Solo TOUR 2018のお知らせ


こまめに発信していれば3つか4つに分けられたのに、例によって忘れていた分を全部まとめたためテキストがちょっとやそっとではとても読み切れない嫌がらせレベルの膨大な量にふくらんでいることを先にお詫びいたします。


イベント会場で手に取るグッズというのは、何であれ心浮き立つ特別なものです。

かく言う僕も先日、中野ブロードウェイで開催されていた「マカロニほうれん荘」の原画展にいそいそと足を運んだ際、これたぶんじぶんでもつくれるなとか身もふたもないことを考えていたにもかかわらず、「うるさい!今いるここで買うから意味があるんじゃ!」と脳内でひそひそささやく理性陣を蹴り飛ばしつつ、かろうじて残っていたマグネットとか缶バッジなんかをわりといい値段でばしばし買ってきたものです。


だいたい後日秋田書店のホームページでも通販されるとわかっていてこのありさまなのだから、ましてや会場限定のグッズともなれば何をかいわんやと申せましょう。その特別感は何物にも代え難い。

それでおもいだしましたが、ここ数年アートワークを手がけさせてもらっている椎名純平さんの、これまたライブ会場限定となるアルバムが今年も先月の後半あたりから、純平さんの出没するそこかしこでお目見えしています。


これはまだ現物が手元にないため、数日前TBSラジオ「アフターシックスジャンクション」通称アトロクのスタジオライブに純平さんが出演された際、数少ないコネクションを乱用して撮ってもらった回りくどい1枚ですが、それはさておきこの「Life I Live」は前2作とはまたすこし趣が異なる極上の作品に仕上がっているのでぜひライブ会場で髪をひっつかんだり足をふんづけたりしながら他のお客さんたちと奪い合ってください。

それでまあ話を戻すと、というか戻るも何もまだ話を始めてすらいない気もしますが、そんなこんなで今月末からカズタケさんと純平さんにご一緒させてもらう Solo Solo Solo TOUR (注1)でもせっかくだから何かこう、ちょっとしたものを用意したらどうだろうという話になったのです。

注1:そういえば告知していなかったことにここで気づきました

ちょっとしたものというのはたとえばライブ音源であるとか、既発曲の別テイクであるとか、あるいは未発表曲であるとか、そんなようなことですが、カズタケさんや純平さんとちがって僕にはそんな気の利いたものは一切手元にないし、何ができますかねえ、とあれこれ相談しながらこつこつかき集めてみたところ、おもっていたよりも良いものになりそうな気配が漂いだし、こうなるとCD-Rではなくきちんとプレスしたほうがいいような気がし始め、待ってくださいプレスするならパッケージもきちんとデザインしたほうがよくないですかと僕が言い出し、とはいえ時間もないのでサクッとばりばり仕上げた結果、こうなりました。


01 the 3's intro
02 注射器とカセットテープと公魚釣り (Kaztake RMX)
03 36 stratagems
04 真珠貝亭の潜水夫たち (rebuilt)
05 時巫女ノ森/the woods
06 Hot Water Pressure Washer (the 3 version)
07 処方箋 (rebuilt)
08 the 3's outro

ここは声を大にして言わなくてはなりますまい。純平さん、カズタケさんのファンは言うに及ばず、全国に30人くらいはまだいてくれてるはずのKBDGファンにとってもこれは、問答無用で必携の1枚です。

理由その1:
カズタケさんのビート、KBDGのリーディング、純平さんのコーラスという構成で去年のツアー時に披露され、タイトルも決まっていなかった新曲が「時巫女ノ森/the woods」と新たにタイトルを冠して収録されています。イメージがくるくるとループする、かなりステキな一編です。

理由その2:
KBDGが書いた詩(日本語)を純平さんが歌う、という初めての試みが今年の新曲として収録されています。3曲目の「36 stratagems」がそれです。カズタケさん渾身のビートだけでも相当カッコいいのに、純平さんの歌が入ったことで「めちゃ化けた」、まちがいなく本盤のハイライトです。

個人的には聞き流すと外国語のようにも聴こえる、というか歌うとあまり日本語に聴こえないような音ばかり集めて構成した詩にも注目していただきたい。

理由その3:
リリースから8年たった今、新たに録り直したことで最終到達点とも言うべきバージョンに仕上がった「処方箋/sounds like a love song」が収められています。当時このクオリティで読むことができていればあんな恥ずかしい思いをしないで済んだのに!と地団駄を踏まずにはいられない完成度です。ふつうに読んでいるようでかっちりとリズムに絡み合うリーディング+音楽の神髄がここにあります。これに関してはもう、断言していいはずです。

さらに素敵なビートと詩のギャップが大きすぎてもったいないからこれやめたほうがよくないですかと撤回を促さずにはおれなかった「注射器とカセットテープと公魚釣り(Kaztake RMX)」があり、これも去年ツアーで披露して「処方箋」と同じく録り直した「真珠貝亭の潜水夫たち/pearl divers」の酔いどれバージョンありと、見方によってはほぼKBDG祭りと言えなくもないことになっています。


こんな形で現在のKBDGをお届けできることになるなんて、ツアーが決定した数ヶ月前には想像もしておりませなんだ。どうかどうかどうか、この希有な一枚のためにもみなさま、Solo Solo Solo TOURに足をお運びくださいますように……!!


そして改めて、何から何まで話の順序がしっちゃかめっちゃかなことに我ながら驚かざるを得ませんが、今月末からツアーにまいります。5箇所が決定したあとに「やっぱり名古屋もやらへん?」というカズタケさんの一言からさらに3箇所が追加され、計8箇所です。

8箇所……。

カズタケさんや純平さんはともかく、僕に関してはこれまでのライブ密度からしてこれが見納めになる可能性も否定できません。ぜんぶ終わったら衰弱して死ぬんじゃないかとおもう。

刮目あそばせ!


椎名純平+タケウチカズタケ+小林大吾
SoloSoloSolo TOUR 2018 summer

椎名純平(Dezille Brothers)とタケウチカズタケ(A Hundred Birds/ SUIKA)、キーボードその他諸々を駆使した、SOUL/HIPHOPを飲み込んだそれぞれ独特のソロパフォーマンスに、唯一無二の詩人・トラックメーカーの小林大吾が加わる「Solo Solo Solo TOUR」が再び開催!椎名純平の歌声、タケウチカズタケの唸りを上げる鍵盤、加えて、小林大吾の詩の世界、トークも含めて、たっぷりお楽しみ頂けます!

6/29金 神戸三宮Chelsea de Rumba
6/30土 大阪南船場 THE GOOD THING
7/1日曜 広島福山 SO-S DINER
7/2月 加古川 花茶茶花
7/13金 元住吉POWERS2
8/24金@豊橋 輪 -RiN-
8/25土@名古屋千種喫茶モノコト
8/26日曜@敦賀tree cafe

チケットの予約、お問い合わせ等、すべての情報が集約されたページはこちら! →http://www.kaztake.com/7433/

このへんまでくるとさすがに読み飛ばされそうなので二度記しますが、チケットの予約、お問い合わせ等、すべての情報が集約されたページはこちら! →http://www.kaztake.com/7433/


お い で ま せ !


2018年5月10日木曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その290



ハゼと共に去る犬さんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)だれもおぼえていないとおもいますが、ハゼシリーズの3作目です。


A. 歯医者に治療完了まで通いきれたことがありません。コツはありますか?


そうですね、僕がもし歯医者に治療完了まで通いきれる男だったら、こんな中年になるまでもたもた社会の底辺暮らしをつづけてはいないし、地域に溶けこむ温かな家庭を築き、一公務員として波風を立てることなく立派に定年まで勤め上げ、なんなら「おじいちゃんだいすき」と孫に慕われながら人生を全うしていたにちがいありません。いったいいつになったらこの荒れ狂う大海原を抜けることができるのかと数十年もの間ハラハラしながら航海をつづけてきましたが、今となっては嵐のなかでも鼻歌がでるくらいにはそんな夢をみることも少なくなっています。いずれ荒波にさらわれて海の藻くずが関の山です。

それもこれも、僕が歯医者に治療完了まで通いきれる男ではなかったからだし、なぜそうなのかといえばそこに歯医者があるからだし、翻ってだいたいぜんぶ歯医者のせいである、ということになります。まったくもって因果なことです。

どこでもというわけではないでしょうが、最近はアドレスを登録しておくと前日にメールでリマインダーが届く歯医者もあります。うっかり忘れてしまうケースを防ぐ手立てとしてこれはかなり有効です。予約時間の直前までしつこくピーピー鳴らしてくれるスヌーズ機能なんかついてたりしたらいいですね、と他人事みたいに書いているのは当の僕がこのリマインダーを利用していないからです。

ライトなすっぽかしはこれでよいとして、問題は「わかっているのに行かない」ケースです。僕なんかは完全にこれにあたります。わかってるんなら行けよとお思いでしょうが、ことはそれほど簡単ではありません。実際わかっているのに行けていないからこうして問題になっているのです。

歯医者の治療は他のケガや病気とちがってメンテナンスの要素が大きい、ということもあります。そもそも歯医者にあたらしく予約を入れるタイミングというのは明らかに治療を必要とする場合だとおもいますが、いちばん大きな問題が解決してもそれで解放されることはほとんどありません。大きな問題があるときはまずまちがいなくそれ以下の小さな問題を山ほど抱えているからです。そしてこれらの問題はいっぺんにではなく、ひとつひとつ片付けていくことになるので、当然それに見合った年月が費やされます。ひとつが片付いても1年たてばその間に状況はがらりと変わるし、なんなら片付いたはずの問題にまた立ち返る場合もあるでしょう。気づけば口の中のどこが今どうなっているのか判然としなくなり、そしてそのなんだかよくわからないきもちが臨界点を超えた時点で、歯医者はすっぽかされます。

ではいったいどうすればよいのか?

僕の場合は気づくのがおそかったこともあり、今となってはリスクが大きくなりすぎて断念せざるを得なかったのだけれど、しかしもしまだ間に合うようであれば、やはりこれがいちばんだろうと今でもおもいます。


A. 歯医者と結婚すればよいのです。


ただし、歯科医は配偶者に「虫歯のない人」を選ぶ傾向があります。というか、僕がそういうケースをいくつか知っているだけですが、考えてみたらそりゃそうかという気もするので、虫歯のために結婚したいのに虫歯のある人は向こうにとってそもそも対象外、というこの強烈なジレンマを踏まえたうえで挑んでみてください。

あと既婚者はきちんと離婚を済ませてからにしましょう。




質問は10年たった今でも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)


その291につづく!

2018年4月12日木曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その289


Youはヤスシお隣はタカシさんからの質問です。(ペンネームはご自身でつけられています)


Q. 20代の男です。これまでお付き合いした女性は、別れ話を切り出すと必ず、なぜ?と尋ねてきました。相手を振る理由を説明していると、どんどん自分が人でなしに思えてきて嫌になるのですが、どうかひとつ、この問いに対する回答例を頂けませんでしょうか。


ペンネームが最高なのでうっかり取り上げてしまいましたが、これはまた火気厳禁なかんじの質問ですね。

初めにお断りしておくと、相手にその気がないのに一方的に別れを切り出せば「なぜ?」と問い返されるのは、これはもう、誰がどこからどう見ても、至極当たり前の話です。そこに多少なりとも疑問を感じていること自体、いささか問題があると言わなくてはなりません。なんとなればここには、相手のきもちを慮る想像力が決定的に欠けているからです。

また、「どんどん自分が人でなしに思えてきて嫌になる」とありますが、一方的に別れを切り出す以上それくらいの負荷を背負うのは、これまた至極当たり前の話です。しかもはっきり申し上げて、大した負荷ではありません。えんぴつを真ん中からベキンとへし折るような心の動きを自己嫌悪と呼ぶなら、この場合は削りすぎた芯の先っちょがポキッと折れたくらいのことです。

なので、そうですね、まずはご自身の防衛反応を脇に置くことからはじめましょう。「なんでこんなきもちにならなくちゃいけないんだろう」とお思いかもしれませんが、相手はもっと「なんでこんなきもちにさせられなくちゃいけないんだろう」と思っているはずです。だったらなおのこと言わずにいるほうがいいような気もしてきますが、それですっきりするのは振る側だけであることを忘れてはいけません。それを人でなしと呼ばずに何と呼びましょう。

おもいきって踏みこむなら、こと恋愛においてはみんな多かれ少なかれ傷つけたり傷つけられたりしているのだし、べつに人でなしでもいいじゃないかと僕なんかはおもいます。その上で、なるべく善良でありたいと願い、行動すればよいのです。恋愛にかぎらず見たくない現実に目をつぶって善良であることなど望むべくもないと肝に命じましょう。人でなしであること、そこがスタート地点です。

そしてここに立つと、話は一気に簡単になります。相手が人でなしだとわかれば振られる側としてもこの恋に拘泥する理由はもはや何ひとつないし、振る側は振る側で「人でなしなんだからしかたないよな」で落ちこむ理由はありません。ウィンウィンじゃないですか?

さらに人でなしには、人でなしにしか言うことのできない、圧倒的な破壊力でかつ後腐れもなさそうなダブルミーニングな最終兵器(リーサル・ウェポン)があります。

こう言えばよいのです。


A. おれ人間じゃないんだ……




質問は10年たった今でも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)


その290につづく!

2018年2月4日日曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その288


乱取りチキンさんからの質問です。


Q. 無人島に何かひとつ置き忘れるとしたら何ですか?


膝を打たずにはいられない、いい質問です。「無人島に何を持っていくか」というのは言ってみれば食卓におけるカレーと同じで、バリエーションこそあれひまつぶしに最適な質問のデファクトスタンダードだとおもいますが、「何を置き忘れるか」というのはいまだかつて考えたこともありません。もう無人島にいる、というかなんならそこでけっこうな年月を過ごしているところから考えるじつにフレッシュな出発点は、無人島にひとり取り残されてしまったときだけでなく、日ごろから僕らを悩ます蚊の羽音のようなあれこれと向き合う上でこれまでにないアプローチを提示してくれているような気さえしてきます。具体的にどう役に立つのか見当もつかないのでたぶん気のせいだとはおもいますが、すくなくとも何かこう、するどい点を突いている気がしないでもないのはたしかです。

置き忘れると言っても、あらかじめ持っていったものとはかぎりません。長いこと暮らしているうちに手放せなくなった握り心地がすべすべの流木とか、よりどころがほしくてなんとなく祀ってみた石ころとか、探検してたら見つけたひとつなぎの財宝とか、島から持ち帰るはずだったものも含まれます。

ただ、見つけてもいない財宝を置き忘れてくやしがるというのはかなり高度な想像力を要する割にぜんぜん意味がわからないので、考えすぎて良さげにおもえてくる前に除外しておいたほうがよいでしょう。すべすべの流木あたりは僕なんか記念に持って帰りたがりそうだし実際置き忘れそうな気もしますが、それで小一時間考える甲斐はあったのかと言われるとこれもやっぱりぜんぜんないので、採用するわけにはいきません。

そんなこんなであれこれ想像を巡らせてみたのですが、つらつら考えるに無人島で暮らすのは生半なことではありません。暮らすというよりはむしろ生き延びるというべきです。身なりにかまってはいられないし、食えそうなものは何だって食う必要があります。楽園みたいな島ならよいけれど、未知の生物がうごめくロストワールドみたいな島である可能性もある以上、毎秒毎分が生きるか死ぬかであり、やるかやられるかです。気にするのは外敵の目であって人目ではありません。そもそもそこに人はいないのです。

そう考えると、かつては持っていたけれど無人島で生きるにはむしろ邪魔になりそうなもの、とはいえ捨てるのもアレだしまたいつか必要になるかもだからとりあえず脇に置いておこうとおもったらそのまま置き忘れてしまいそうなもの、がひとつだけあります。


A. 恥です。




質問は10年たった今でも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)


その289につづく!

2018年1月22日月曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その287

エヴ……エヴむ……?


ヴィンセントヴァン誤報さんからの質問です。


Q. 長年使ってたFacebookをやめようと思ってます。なにか挨拶的なものはいりますでしょうか。誰も気にしてないわと思われるのもなんですし。当方53歳。


いずれやって来るとうすうす感づいていたその日が、とうとうやってきたわけですね。フェイスブックにかぎらず「SNSをいつまでつづけるか問題」は今や人生においてかなりの高確率でまたぐことになる段差のひとつです。そしてこの段差をいかに切り抜けるかが人生の最終的なカギを握ると言っても過言ではありません。

僕もこれまで長いこと「フェイスブックは?」「やってないです」「なんでやらないの?」というやりとりをそれはもうげっぷが出るほどさんざん繰り返してきたので、今ではやってもいないのにそろそろやめるかというきもちに傾いています。

どうすれば始めてもいないことをやめられるのかという問題は単純に見えてなかなか一筋縄ではいきませんが、というのもやめるためにはまず始めなければならないし、始めたからにはある程度つづけないとやめたとは言いづらいからですが、それに比べれば話はずっとシンプルです。

挨拶については、そうですね、何かひとこと残しておいたほうが後腐れがなくてよさそうにおもわれます。なんとなればただやめただけなのか、それとも今までずっといたように見えて実は最初からどこにもいない架空の存在だったのか、傍目には判断がつかないからです。僕なんかは実際に面と向かって「架空の人だとおもってました」と言われたことがあるくらいなので別にどっちだっていいようなものですが、何かひとことあればすくなくとも存在自体が口裂け女みたいな都市伝説のひとつにされてしまう可能性はかなり減るはずです。

では実際にいくつか例を挙げてみましょう。

1)平素よりひとかたならぬお引き立てを賜りまして心より御礼を申し上げます。開設以来みなさまのご厚情をあずかりぽつぽつと雨垂れのように更新してまいりましたが、このたび新体制を含め存続か廃止か熟慮した結果、なくてもそんなに困らないなということで本日をもちまして終了することとなりました。永らくご指導ご鞭撻を賜りました関係各位の皆様には心から感謝申し上げますとともに、今後ともあの手この手でお引き立てくださいますよう、よろしくお願いいたします。

2)ご愛読ありがとうございました。ヴィンセントヴァン誤報先生の次回作にご期待ください。


3)バイバイキーン!

こんなことなら何も言わずにスッとアカウントを消したほうが100倍マシな気がしないでもないですが、それはまあそれとして案外(1)とかふつうにアリかもしれません。というかたぶん、僕はこれ使うことになると思います。いずれ。


A. スマートな離脱を祈ります。




質問は10年たった今でも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)


その288につづく!