2020年2月9日日曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その301

猥雑な銀座


ずいずいずっころマシンさんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)


Q. おみくじに書かれていたコメントで印象に残っている言葉ってありますか?(私は友達とケンカした直後にたまたま立ち寄った花園神社でひいた「短気をなおしましょう」です。)


こうきれいに見透かされると、おみくじを引く甲斐もあっていいですね。

僕は毎度「ふむふむ」というかんじでほとんど印象にのこっていませんが、単純な結果だけなら昔ミス・スパンコールの引いた「半吉」が今も脳裏に深く刻みこまれています。

 半吉 

凶なら結んで厄払いもできそうだけど、半吉なんかどうしたらいいんだ、むしろ凶のほうが執り成しようもあったじゃないか、どういうきもちで向き合えというんだ、まさか「微吉」とか「塵吉」とか「弱吉」もぶっ込んであるんじゃないだろうな?

と、足下に抛られる小銭めいた忌々しい善意に当時は騒然としたものです。どこの神社だったかなあ、今なら絶対画像にのこしてSNSでシェアしてぶんぶんバズらせもしたのに、もったいないことだとおもいます。僕が引いたわけじゃないのに。



A. コメントじゃないけど、「半吉」です。




質問はいつでも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)



その302につづく!

2020年2月6日木曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その300


満を持しての300回です。足かけ10年以上、通算300回という大台に乗りながら、結局のところ今も僕がどこかで生存しているくらいの意味しかないことを考え合わせると、その巨大な蜃気楼ぶりがしみじみと胸にしみ入ります。

それもこれもキャンペーンと称して年賀状と引き換えに質問を取り立てる僕のあこぎなやり方のおかげです。本当にありがとう!

そして栄えある300回目の質問は……ダラララララ(ドラムロール)、これだ!


ヒポポポポポポタマスさんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)途中でバーストを挟んでしまったカバのことですね。


Q. 好きな四字熟語、ことわざがあれば、教えていただきたいです。


ことわざなら「泥棒を捕らえて縄を綯う」、略して泥縄が好きです。手遅れというその意味がではなく、捕まえた泥棒のそばで「待って、待ってて!」とか言いながらもたもたと縄をなう、その絵面が心に残ります。そんでその捕まえた人がまた不器用で、ちっともうまくいかずに途中でやり直したりして時間ばかりがムダに過ぎ、イライラしてきた泥棒が「じれってえな、ちょっと貸してみろ」とか言って器用にささっと縄を仕上げちゃったりする、そんなイメージが好きです。

ただ個人的には捕まえたあとではなく、今まさに逃亡中の泥棒を捕まえるための縄をもたもた綯うような意味合いで使っているところがあります。なんとなれば僕がそういう人生を送っているからです。

四字熟語なら「青椒肉絲」ですね。


A. 青椒肉絲です。




質問はいつでも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)



その301につづく!


2020年2月1日土曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その299


更新する段になってあったいへんだとうとう300回の大台じゃないか、しまった何もしてなかった、せめて、せめて心のこもった祝福的なイラストだけでも!とあわてて描いたらまだ299回でした。

心のこもった祝福的なイラスト


時価アイドルさんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)


Q. 今日たった今うっかりミスにより悲しい現実とご対面してしまいました。こんな時はどういう風に気持ちを切り替えるのがおすすめですか?


奇遇なことに僕もたった今冒頭でうっかりミスをしでかしたばかりです。

それはさておきこれは、悲しい現実に直面したとき人はいかにして気持ちを切り替えるか、いわゆる「悲しい現実に直面したとき人はいかにして気持ちを切り替えるか」問題ですね。

浜辺の波打ち際を全力疾走したり、キャベツを一心不乱に刻んだり、空をふわふわ飛んでいくビニール袋を追跡したり、橋という橋に一休さんよろしく「このはし渡るべからず」と立て札を立てたり、1枚でいい写真を狂ったようにバーストしたり、月末のフライデーをプレミアムにしてみたり、コインランドリーで拾った紙くずから世界を巻きこむ恐るべき策略の片棒を担ぐ羽目に陥ったり、本人も半信半疑のまま大統領選に勝利してすったもんだのあげく弾劾裁判に突入したりとじつにさまざまな気持ちの切り替え方がありますが、大統領に当選からの弾劾裁判ルートはそれ自体に気持ちの切り替えが必要になってくるとおもうので、上書きという意味でもおそらくかなりの効果があるはずです。新たに切り替える必要が生じた気持ちについてはまた別の策を講じないといけませんが、すくなくともその時点で最初に切り替えたかった気持ちは忘却の彼方にあるとみて間違いありません。

あとはそうですね。ゴルフボールを垂直に3つ積み重ねるのもおすすめです。2つまではわりとすぐですが、3つとなると思いのほか強靭な集中力が求められます。僕自身が昔よくひまつぶしにやっていたので確かです。絶妙なバランスで3つ積み上がった瞬間の感動はちょっとしたものですよ。じーんとした静かなよろこびのあとにヌッと頭をもたげる虚無感も味わい深いものがあります。


A. 大統領になれる国の永住権を取得する、もしくはとりあえずゴルフショップに行きましょう。




質問はいつでも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)



いよいよ大台です、大台ですがとくにどうなるわけでもない、その300につづく!



2020年1月31日金曜日

爛漫な色彩に満ちた、夜みたいに黒い絵本のこと

ここに一冊の黒い、そしてじつに美しい本があります。

「くろは おうさま」

文・メネナ・コティン
絵・ロサナ・ファリア
訳・うの かずみ
サウザンブックス社

黒い紙に特殊な黒で印刷された、徹頭徹尾、漆黒の本です。


と言いつつ表紙はふつうに銀色で描かれています。テキストも銀色です。でも言うなればこれらは、そのままでは読むことができない人のための気配りです。中面における本文は銀色のテキストの上部にあります。


本文が黒なら絵も黒く、目で見ただけではどこをめくっても黒一色です。黒についての絵本?とおもわれるのも無理はありません。もちろんそういう側面もあるのだけれど、実際のところこれは世界を彩る数多の色について描かれた、色彩の絵本なのです。


美しい本は数あれど、これほど教訓に富んだ美しい本にはそうそうお目にかかれない、と僕はおもいます。なんとなれば文字どおり世界の見え方が一変するし、その驚きたるや打ちのめされるほどです。

はっきりとはどこにも書いていませんが、主人公のトマスは視覚を持たずに生きる少年です。しかし彼は世界が多彩な色に溢れていることを全身で知っています。ここに描かれているのは彼がいる色の世界であり、僕たちもふくむ世界の色であり、そしてまた、漫然と見ているだけでは決してふれることのできない世界です。

トマスは言います。
「あかは イチゴみたいに すっぱくて、スイカみたいに あまい。
だけど すりむいた ひざこぞうから のぞいたときは いたい。」

五感で味わう色彩の話を、僕は以前にも目にしています。いつだったか忘れたけれど朝日新聞に寄せられた投書で、忘れがたく大好きな話です。まさかこんな形で引き合いに出す日がくるとはおもわなかったけど、ここにもまったく同じ、そして別の、それでいてすごくよくわかる「あか」があります。


40年も前の話です。絵本とは時代も国も言語もちがいます。にもかかわらず彼らの色が同じようにぴったり寄り添うものだとしたら、見ているだけではふれることのできない世界がたしかにある、と思わずにはいられません。そうして今一度、立ち止まって省みるに色彩とは、こんなにも活き活きと血の通うものだったろうか?


あらためて念を押しますが、美しい本です。なんかもうぜんぶひっくるめて、そうとしか言いようがないとおもう。絵を指先で感じる仕様になっているので、実際に触れてみないとその真価が伝わらないところもいい。

今まで見ていた色は何だったのか、そもそも色とは何なのか、美しいということの意味も含めて、考えもしなかった問いをドンと置かれて立ち尽くす人は僕と同じようにいっぱいいるはずです。

去年出たばかりの新刊ですが、アルスクモノイ(@arskumonoi)でも扱っているので、ぜひお店で手に取ってみてください。



2020年1月30日木曜日

ピギー・スモールズのはなしのスタンプの話

そういえばこれまでの足跡をきちんと残していなかったので唐突きわまりないかんじもしますが、ぶたのスタンプができました。


→LINEスタンプ「鶏肋印 参 ピギー・スモールズのはなし

ピギー・スモールズといって、あの手この手でおいしく食べようとする料理人たちをことごとく撃退する武闘派のぶたです。かわいいですね。


サブタイトルにもなっている「ピギー・スモールズのはなし」は、僕がツイッター(@p_p_pinkerton)でちょいちょい流している30秒〜1分くらいの絵本的なひとくちムービーです。現在のところエピソード24まで展開しています。何しろ毎回TLを流しソーメンのように流れていくだけなので、流れたらそれっきりどうにもならない気の毒な作品です。モーメントとかにしたらいいのかもしれないけど、してないのでハッシュタグをひたすらクリックで追跡してください。



スタンプの話に戻ると、基本的には「よし、やるぞ」とおもっても湧かした湯のようにゆっくりと冷めてまた水に戻るのが常なので、間髪入れずに欲しいと言ってくれたBOOKSHOP LOVERの和氣さん(@wakkyhr)がいなかったら、言うだけ言って今もつくっていなかったはずです。和氣さんありがとう!おかげで立派なスタンプができました!

せっかくなので審査ではねられて修正した画像も載せておきましょう。これからスタンプをつくる人は参考にしてください。


2020年1月27日月曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その298


簡潔な回答のほうが「よかったよ」と言われるのでこの12年がんばって書いてきたことは一体何だったのだろうと思わないでもありません。


機動戦士が生んだ無さんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)親父にもぶたれたことがない少年を主人公とした、虚無の物語ですね。

Q. 猫は好きですか?
A. もちろん、郵便ポストの上でせっせと素振りするカマキリと同じくらい好きです。ただ最近はSNSでしょっちゅうバズって流れてくるネコちゃんかわいい動画にいいかげん閉口しているところがあります。いちいちかわいいので「くそ、ふざけやがって」とぷりぷり腹をたてる始末です。やんなります。


ブラッド・ぴとっさんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)

Q. スター・ウォーズは観ましたか?
A. 今のところ最新作以外は観ています。しかしなぜ最初の三部作をエピソード4から始めて6で止めたのか、観れば観るほどその慧眼を思い知らされるばかりです。


名探偵コナイさんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)できれば名探偵は来てほしいですよね。

Q. 一番好きなスター・ウォーズは帝国の逆襲ですか?
A. 帝国の逆襲ですね。しかしなぜ最初の三部作をエピソード4から始めて6で止めたのか、観れば観るほどその慧眼を思い知らされるばかりです。


ムーンライトよもすがらさんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)

Q. 4月から東京で働くことになりました。東京でおすすめの飲食店はありますか?
A. リンガーハットがおすすめです。長崎県民にも愛されているらしいので間違いありません。皿うどんの麺を2倍にすると目を疑うような異形の物体が皿に乗って出てきます。


電卓の騎士さんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)アーサー王に仕える総務部経理課の担当職員ですね。

Q. 朝 昼 夜のどれが好きですか?
A. 昔から一貫して圧倒的に朝ですね。一日がぜんぶ朝だったらいいのにと小さいころからよく思っていましたが、いまだにそう思う朝があります。


ハレンチトーストさんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)

Q. シチューはご飯にかける派ですか?
A. 市販のルーを溶かしてつくるタイプのシチュー、ということならそういえば一人暮らしのころは辛味とスパイスを抜いたカレー的なものとして食べていた気がしますね。ヨーロッパの人々からするとこれはパンを味噌汁にひたして食うようなことかなあ、とコタツでひとりぼんやり考えていた記憶があります。




質問はいつでも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)



その299につづく!