2019年9月14日土曜日

ミス・スパンコールと「アルスクモノイ」の愉快な濫觴


ミス・スパンコールの話をしましょう。

ついこないだ「わたしはいったいいつまでミス・スパンコールでいればよいのか」と抗議されたばかりなのでいささか気が引けますが、かつてこのブログでとりあえず便宜上つけただけだったはずの仮名のまま、気づけば10年以上の年月がたち、その間そこかしこでちょいちょいその名を持ち出してきたことでもあるので、やはり便宜上そう呼んでおくことにします。

ミス・スパンコールはかれこれ20年ちかく、僕が人前で声を出すようになるよりもずっと前から、いつも隣にいてたぶんこれからもいる至近距離の人です。パスワードを忘れてしまったので本人もアクセスできなくなってしまった「手漕ぎボート/helmsmam says」のMVを、こつこつと深夜のファミレスでつくってくれた人でもあります。あと、なぜかよくわからないけど、バナナに造詣が深い

そんな彼女が、新宿区西五軒町に「アルスクモノイ」というちょっと変わった名前の古書店を開くことになりました。最寄り駅は東京メトロの神楽坂、もしくは江戸川橋になります。決してひろくはないけれど、棚に並んだ本に思いを馳せながら、カウンターでお茶やちょっとしたアルコールも飲める、居心地のよいお店です。



アルスクモノイ
東京都新宿区西五軒町10-1
03-6265-0849
営業時間 12:00〜20:00
定休日 月・火
HP
twitter
instagram


いつも至近距離にいる僕としては、こうして書いている今もすこし胸にこみ上げるものがあります。

何しろ内装の工事が始まったのは今年の2月です。本来であれば春先にはオープンしていたはずの店であり、なぜそれが叶わなかったかといえば、よりによって内装工事が始まる当日、店へと向かう途中に原付で派手に転倒したからであり、救急車で運ばれたその晩に折れて骨が飛び出した右足の緊急手術、数週間の入院をへてどうにか退院したものの、のんびりしてはいられないと松葉杖でせっせと歩行中にふたたび転倒、さらに手首を骨折した結果、自力では完全に歩行不能となり、こりゃ買ったほうが早いと買ったオレンジ色のかっこいい車椅子でひと月以上生活していたからです。おかげで町を歩いていてもバリアフリーのことをよく考えるようになりました。町は本当に段差が多い。

ちなみにその事故と前後して僕も原付のチェーンが走行中に切れたり、バイク屋に預けて直してもらったその帰り道に車と接触事故を起こしたりして、2週間くらいの間に彼女の分と合わせて都合3回レッカーを呼ぶ悪夢みたいな日々でしたが、それも今となっては笑い話です。

もちろん彼女の足と手も今ではすっかり完治しています。あの時期にかけられた呪いは何だったんだろうと未だにおもう。


そして本当にたまたま、偶然としか言いようがないのだけれど、アルスクモノイがある町とその周辺は、僕にとって馴染みの深い土地でもあります。

というのも、最寄り駅のひとつである江戸川橋から歩いて数分のところに、亡き祖母の家があったからです。今ではきれいにリニューアルされた神楽坂の赤城神社がまだ鬱蒼として昼でも薄暗いひなびた神社だったころを知っているし、江戸川橋の地蔵通り商店街にかつてあって今はないおもちゃ屋にも思い出があります。

1枚目のアルバムに収録した「棘/tweezers」「営団地下鉄エドガー橋駅」というフレーズが出てくるのは、そんな背景があったのです。

ただただぴったりくる物件を探して、あちこちの町を歩き回り、彼女が「何度たしかめてもやっぱりここが気になる」と決めたその最寄り駅のひとつが「エドガー橋」だったのだから、いちばん驚いたのは僕です。感慨深くなるのもそりゃむべなるかなと申せましょう。

お店のすぐそばには小学校があるのだけれど、これが父の通っていた小学校であったことも、つい最近知りました。アルスクモノイがなかったら、父の小学校がどこかなんて今も知らずにいたはずです。縁というほかありません。はるか昔から、こうなることがあらかじめ決まっていたような気さえしてきます。


また、同時にというかついでにというか、アルスクモノイのオープンに伴い、店内のどこか数センチ四方を間借りした安田タイル工業の東京支社、夢にまでみた自社ビルが、いよいよ落成となります。(安田タイル工業についてはこちらをご覧ください)(LINEスタンプもあります)

店内のどこかに建っています

7月中のオープンを目指していたので、先日まで京都市内の地下鉄駅構内に掲示されていたタイル月報を東京支社でも掲示する予定でしたが、もう9月なので、7月号でよければ自由にお持ちいただけます。お気軽にお声がけくださいませ。


ともあれいろいろあって明らかに遠回りをしすぎたアルスクモノイ(と安田タイル工業東京支社)の、いま足下にあるのがスタートラインです。どうかどうか、末永くご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

もちろん僕も自動的にここが拠点になります。というか、ちょいちょい店にいるとおもいます。アルスクモノイを検索してここに辿り着いた方は「そんで結局おまえは誰なんだ」とお思いでしょうが、気にせず遊びにいらしてね。


2019年9月3日火曜日

そういえば開幕することをブログで言わなかったSoloSoloSoloTOUR2019がぶじ閉幕したこと


この半年間、これから迎えるごくごく私的な新しい局面のために木材を切ったりオイルを塗ったりペンキを塗ったりビスを打ち込んだりとDIY作業に追われていたこともあり、てっきり済ませたとばかり思いこんでいたブログでの告知を最後までし忘れていたことにたった今気づいて言葉を失い、それならむしろ始めからなかったことにしておいたほうがいろいろと都合がよいのではないかと土壇場で逡巡したあげく「いや、たしかにここで告知はしたのだ、したのだがその後何らかの手違いでその告知エントリを削除してしまった、もしくは何かそういう質のウィルスにそこだけピンポイントできれいに消されてしまったのだ」というスマートな結論で落着したツアーが一昨日ぶじ幕を閉じたのです。


考えてみればふしぎな縁でお相伴させてもらうことになった純平さん(@junpeishiina)、カズタケさん(@KaztakeTakeuchi)との SoloSoloSoloTOUR も今年で3年目になります。

発信力に欠けたきわめて微弱な告知を敏感にキャッチしてご来場いただいた皆々さまにはなんとお礼を申し上げてよいのか、我ながら伝えられる言葉の少なさに呆れ果てるばかりですが、本当に本当にありがとう!おかげさまで今回も最後までたのしい時間をすごすことができました。



今年巡ったのはPOWERS2@川崎元住吉THE GOOD THING aka グッシン@大阪南船場、そして初めて訪れたLUGGAGE@名古屋栄の3箇所です。

それぞれすこしずつ趣が異なる、それでいてどこもファットな雰囲気に満ちた居心地のよい空間なのだけど、とりわけPOWERS2とグッシンはろくすっぽライブ活動を行わない僕のような男を、いつも「おかえり」と両手を広げて心から迎えてくれるかけがえのないお店でもあるので、幸せここに極まれりと言うほかありません。ここでやらせてもらえて、ここで観てもらえてよかった!



忘れたころにポロッと訪れる天災みたいなスパンでライブをしていると、すこしでも耳馴染みのあるものをという気持ちが働いてしまうのでどうしても偏りがちになるセットリストはドタンバタンともんどり打って考え抜いた結果、今回こんなかんじでした。

1. コード四〇四/page cannot be found
2. 二度ふれる前に消えてなくなれ/disappear like this word
3. Interluders(working title)
4. 象を一撃で倒す文章の書き方/giant leap method
5. 手漕ぎボート/helmsman says

w/ タケウチカズタケ
1. 忘れられた処刑人
2. 注射器とカセットテープと公魚釣り
3. 棘/tweezers

the 3
1. 36th stratagem REMIX
2. 時巫女ノ森
3. Hot Water Pressure Washer


"Interluders"と仮タイトルのついた一遍は、このツアーに合わせて書き下ろしたものです。言ってみればインタールードの住人というような意味であり、いつかは形にしてみたいとつねづねおもっていたところの概念が元になっています。とくに公言していなかった気もするけれど、「小数点花手鑑」の英題として控えてあったくらいです。

ひとつの作品として完結させるというより、この先も書き足したり入れ替えたりしながらいつまでも終わらずにつづいていくような、そんなイメージで書いています。コンセプトをキープしたまま、聴くたびに言葉と情景がちょっとずつ遷移していく、そんな一遍があってもいいとおもうのです。あくまで理想なので、言うほど変わらない可能性もありますけども。


「手漕ぎボート」「象を一撃で倒す文章の書き方」「Hot Water Pressure Washer(exダイヤモンド鉱)」は、"角の店で見たカッコいい靴"でつながる靴シリーズ三部作ですね。たしかオントローロでは一度やったことがあったとおもいますが、このツアーで初めて三部作だったことを知った人もいたみたいなので、やってよかったです。よかったよかった。


ともあれ、現時点ではこれが今年のライブ納めということになります。東名阪でありながら仙台、福井、長野、三重、広島からいつも変わらずに来てくれる人がいたり、かとおもえば青森や島根から初めて足を運んでくれた人もいて、そのよろこびはちょっと言葉に尽くせません。

それから今回は、5年以上前に仕事で「万年塀」を検索していたらなぜか僕のブログがヒットしたという人や、LINEスタンプ「鶏肋印」から僕を知った人が、巡り巡ってとうとうライブにまで辿り着いてくれたという、紆余曲折すぎるうれしい邂逅もありました。

そんなことがあったらいいのにと淡い夢を抱いていた気はするけれど、本当にあった……!と感慨もひとしおです。僕のライブ頻度からして、これを奇跡と呼ばずに何と呼びましょう。

あらためて、本当に本当にありがとう。お目にかかれて幸せです。じゃあもっとライブやれよと言われそうですが、それはまた別の話なのでほとぼりが冷めたころに別途相談させてください。

そしてこんな僕がこうしていられるのも、カズタケさんと純平さんのおかげです。観た人はみんな例外なく実感しているとおもいますが、このお二人と並んでイベントの一端を担わせてもらえる僥倖もやはり、筆舌に尽くしがたいものがあります。あ、あり……(感極まっています)、ありがとうございました……!

SoloSoloSoloTOUR 2019、これにて閉幕です。写真がどれも中途半端だなとかそういうことを言ってはいけません。

またいずれ、そう遠くない未来に同じかたちでご挨拶できることを心から願って!

よいお年を!

味仙

2019年6月26日水曜日

安田タイル工業がタイルのタイルによるタイルのための広報紙を京都市内の地下鉄駅構内に掲示する話


お客様各位

タイル月報掲示のご案内

子鹿元年6月吉日


平素より格別のご高配を賜りタイルより分厚くお礼申し上げます。

弊社ではこれまで昼夜をおかず、寝てはタイル覚めてはタイルとことあるごとにタイルにうなされてまいりましたが、その甲斐あってか今ではやってもいない動画配信でチャンネル登録者数が100億人を突破、同じくSNSでも2.000000人を超えるフォロワー(弊社社員含む)を獲得するなど、道端にタイルのかけらが落ちていない日がないほどのいたわしい陶片インフルエンサーに成長いたしました。重ねてお礼申し上げます。

ことほどさように飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進を続ける弊社としましては、飛ぶ鳥を落とすだけでなく、なんなら炭火でおいしく焼きたい、焼き鳥うまけりゃビールもうまい、またその結果として世界が平和になるのであればそれにこしたことはないとの文字通り飛躍的な認識から、このたび祇園祭を見据えた6月24日から7月23日までの約一ヶ月間という長期にわたり、京都市内の地下鉄駅構内、具体的には四条駅烏丸御池駅にて「タイル月報」を掲示することになりました。



タイルのタイルによるタイルのための広報紙として盤石の立ち位置をキープしております弊社刊行のタイル月報は、隅から隅まで埋め尽くされた圧倒的な情報量とその不正確性、また徹底して無益でありながら読みすすめるにつれて有益な気がしてこないでもないことからかねてより同業他社様の信頼も厚く、創刊以来つねに高い評価をいただいております。

とりわけ今号は

・タイルであること
・タイルでないこと
・タイルらしきこと

といつになくトピックも充実、タイルジョークも随所でつまずく出色の出来映えと自負しておりますのでこの機会にぜひ足を止めご笑覧くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

掲示はすでに始まっているため、弊社専務に現地での確認を兼ねて記録のためのカッコいい写真を撮影してくるよう向かわせたところ





どうもカッコいいの意味をはき違えたらしく「そういうことじゃねえよ」的な写真が数枚に渡って送られてまいりましたが、ともあれこの救いがたい専務の後方にかろうじて確認できるのが件のタイル月報となります。

また先だって弊社の専務がSNSで申しておりましたように、



東京は新宿区某所に今夏オープン予定の「安田タイル工業 西五軒町支店」でもタイル月報を掲示もしくはそれに準ずる手立てを講じる予定です。床面積にして数センチ四方とはいえ、そこに行けば必ずあるのと、いつ行ってもないのとではやはり根本からして意味が違うとしみじみ感じ入るものがございます。

オープンの際にはまた改めてお知らせいたしますが、ひとまず胸の片隅にお留め置きいただければ幸いです。

今後とも弊社ならびに弊社タイル製品をご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

敬具


安田タイル工業 代表取締役風専務


2019年5月10日金曜日

【TRINCH】初夏のうきうき五月病セールのお知らせ


こんにちは。
上から半ば強制的に押しつけられた狂乱の10連休も過ぎ、と言って語れそうな思い出もとくにないのでうつむきながら石ころを蹴飛ばしていたところへ渡りに船というか、ブログの虫干しにぴったりのお知らせです。

KBDGグラフィックの総本山、TRINCHのスマホケースが一昨日あたりから来週水曜まで、全品800円OFFになっています。太っ腹!


TRINCH

対象期間:5月8日(水)12:00 〜 5月15日(水)18:00
割引額:スマホケース1点につき800円OFF

こんなことでもないと更新されないので今回もはりきって「テアトルパピヨンの当日券」その他、計6点を新たに追加しています。セールはまあセールとして、実際のところ新しいデザインが増えたから見て!というのがこうして更新する最大の理由です。なので見て!


国道15と7/10号線でやらかした事故に駆けつけた警官(画像左下)は、月のきれいな夜にダンプカーが突っ込んで半壊したアパート(画像右下)で事情聴取をしたのと同じ警官です。何のことだかさっぱりわからない話をするようで気が引けますが、そもそも何のことだかさっぱりわからないような話しかしていないブログなので仕方がありません。それにしてもお巡りさん、いいスタイルしてます。

しかしTRINCHって何だっけ?と眉間にしわをお寄せになるのもムリはありません。小林大吾は周囲に人が見当たらないというたいへん切実な理由からグラフィックまで手がけざるを得なくなった詩人ですが、このグラフィックの側面のみをまるごと切り抜いて独立させたのがつまり、TRINCHです。基本的にはKBDGのことなどご存じなくとも楽しめるように配慮しつつ、アルバムをお持ちの方ならそのスピンオフとしてより一層お楽しみいただけます。

※いつものようにセール時のテキストをまるっとサンプリングしています




2019年3月10日日曜日

卵かけご飯が卵をかけたご飯であるように、の巻


アーティスト写真というのは、卵かけご飯が卵をかけたご飯であるように、呼んで字のごとくアーティストの写真であって、アーティストがアーティストであることを示す際に使用される写真を指します。略称はアー写です。「これがわたしです」と周知するためのものなので、すくなくともその時点でのベストショット、もしくはその時点で落命したらまずまちがいなく遺影に使われる、そういう1枚が選ばれます。

更新頻度は人それぞれです。毎年撮り直す人もいれば、いいのが撮れたタイミングでその都度差し替えていく人もいます。僕はどちらかといえば後者ですが、そもそもその必要性をあまり感じない日々なので、何でもいいやとうっちゃっている、わけではもちろんない、けれどもそれも否めないと言えば否めない、くらいの心持ちでわりと大らかに受け止めています。

今年は僕の、勤め先ですと公言して憚らない安田タイル工業の専務が先年じつに愛くるしい1枚を撮ってくれたので、まあそんなに使うこともないだろうけれども機会があったらこれにしようと用意していたところ


おもいのほかすぐにその機会が巡ってきたので、今日はそのお知らせです。3月22日(金)に渋谷でほんのりライブアクトがございます。(本題)


WORD WAVE vol.1

日時:2019年3月22日(金)
開場 18:15 / 開演 19:00
料金:3,500円(税込・要ワンオーダー)
会場:東京カルチャーカルチャー
http://tokyocultureculture.com/event/general/27044

出演者:神門小林大吾Anti-Trench
オープニングアクト:るってぃ/プロ無職
司会:猫道(猫道一家)

チケット:イープラス
https://eplus.jp/sf/detail/2859940001-P0030001P021001?P1=1221

問い合わせ:TBSラジオイベントダイヤル
03-5570-5151 (平日10時~17時)

企画:胎動LABEL
主催:TBSラジオ


またそれに先立って、今週13日(水)は以前もお世話になっているTBSラジオアフター6ジャンクション通称アトロクのコーナー「LIVE&DIRECT」にイベントの告知要員としてお邪魔します。

僕は付け添えのパセリみたいな立ち位置です。とはいえWORD WAVE当日は数年ぶりに「ジャグリング」を披露できそうなので、例によって希有な機会と思し召してぜひぜひ足をお運びくださいませ。


とおもったら安田タイル工業の専務による渾身のアー写は、先方から致し方ない大人の事情でNGとの連絡があり、解禁早々取り下げることになりました。

どこをどう進んでも決まって茨に阻まれる、とうすうす気づいてはいたけれど改めて痛切にそれを思い知らされぽつねんと立ちすくむほかない気の毒な安田タイル工業に励ましのリプを送ろう!


2019年1月20日日曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その292


では今年もはりきって一昨年あたりの質問からお答えしていきましょう。


ポメラニアン・ラプソディさんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)

Q. 仕事上の結構大事な話合いをしている時に、相手が論点のずれた発言をしてくることが良くあります。自分は論点を修正して、ささっと話を進めたいのですが、上手くいきません修正して、ズレて、修正してというのが続くと前に進まず辛いモノがあります。話合いの必要性は理解していても、徒労感に襲われてしまうのです。相手を変えるのは難しいと思うので、自分を襲ってくる徒労感を飼いならしたいと思っています。どうすればなついてくれるんでしょうか?


徒労ならおまかせ、かつては神奈川県大和市南林間3丁目界隈で屈指のトロワーと呼ばれ、その後は変わらぬ愛を誓い合った糟糠の徒労と結婚、多くの子や孫に恵まれて幸せな家庭を築き、山のような徒労に惜しまれながらもしずかにその生涯を閉じた夢をみて今も夜中にハッと汗びっしょりで目をさますことがある僕にはまさしくうってつけの質問です。

まず対話におけるこの手の徒労は日常のありとあらゆるレベルで散見されるものであって、ぜんぜん珍しいことではない、というよりむしろ一般的である事実を真正面から受け止めましょう。ここにミットを構えているのになぜボールを拾いにいかなくちゃいけないんだ、と脱力してしまうきもちはとてもよくわかりますが、それが本当に印象どおり簡単なことならば、というのはつまり論点が常にキープされるのがふつうだとすれば、いま世界のありとあらゆるレベルで起きているすべての問題の少なくとも半分くらいは起きていません。対話には多かれ少なかれエラーがつきものであり、エラーなくスムーズに事がはこぶケースのほうがラッキーでありがたいと、わかっていながら未だにちょいちょい暴投を繰り返している僕なんかはおもいます。

対話において人は話の流れに喚起された別の話を持ち出す傾向があります。はじまりはごくごく些細なことだったはずのケンカで収拾がつかなくなるのはこれが二重三重と上書きされていくからです。

これがずれでありエラーであるのはもちろんですが、一方でだからこそ会話がつづくというもうひとつの側面を忘れることはできません。何時間も会話がつづくのは、つねに構えたミットを外さない美しいキャッチボールが成立しているからではなく、話と話の継ぎ目でほどよくエラーが発生しているからです。

イライラするケンカとたのしい雑談の、いつまでも終わらない理由がじつは同じである、というのはなかなか興味深い話だとおもいませんか?

仕事で斜め上のとんちんかんな発言を連発する連中がいなければ、これといって実のない話が延々とつづく無為でたのしい雑談もありえません。

雨が降るからこそ青空が愛おしいのだし、憂鬱な雨もやがて恵みに変わります。雨がそうなんだから徒労感だってそうだろう、というのがイカロスよろしく華麗に飛躍する僕の結論です。

さっきからずっと、「あれ、これ論点ずれてんじゃないの」とびくびくしながら書き連ねていますが、何しろトロワーというのは人として徒労であることを意味する称号なので、そうかそれじゃしかたないよなとここはひとつ大らかに割り切ってください。


A. すくなくとも徒労感は噛みついたりしないので、やさしく撫でたりしていればそのうちなつきます。




質問は10年たった今でも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)


その293につづく!

2019年1月9日水曜日

「あと5分したら(起きる)」と布団の中で固く誓うこと


謹 賀 新 年


今日は山へ

芝刈りにいきました〜〜゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

今年初!

疲れました……(´_`;)トホホ

帰ったらなんと!

ばあさんが川で!

桃を!

拾ってきたんです!( *´艸`)プププ

それがおっきいの!ヒィー(((゚Д゚)))

食べきれるかな〜

今年もステキな1年になりますように!ʕ•ᴥ•ʔ


とか

BloggerはAmebaみたいにデフォルトで絵文字が使えないので若干ぬるい気もしますがとにかくいつもこれくらいのふわふわ〜んとしたフィーリングで更新できたら心も軽くていいのになあ

と、ぶつくさぼやいていたらもう9日です。今年は年末ぎりぎりまでドタバタしていたのと、正月の余韻が松の内までのんびりと尾を引いていたこともあって、いまだにどこかぼんやりとしたまま日常に首根っこひっつかまれてずるずると引きずられています。

どう考えても寝過ごしたようだし、今さら今年の意気込みとかそういう感じでもないというか、あるならまだしもないからそもそも出しようがないのだけれど、それはそれとして去年も縦横無尽の活躍ぶりを見せつけた、もしくはそうだったと押し切ることで意見の一致を見た安田タイル工業の専務からこんな熱いメッセージが届いたのです。


いったい何をぶちかますのか、当然それは専務のみぞ知るであって、主任は知りません。というか、その直後に「なにをぶちかますかしらんが」と専務みずから認めているので、総合すると誰も知りません。誰も知らないのでそれ以上はどうにもしようがないですが、1年のはじまりとしてはなんとなく景気がいいような感じもあるので、これをもって新年の挨拶に代えたいとおもいます。

ただこの「2月になったら」というのは世間一般で布団から宣言するところの「あと5分したら(起きる)」みたいな意味合いに近いことも、併せて申し上げておきましょう。

ともあれ本年もよろしくお願いいたします。

なんかこう、いい知らせとかできたらいいんですけど。ほんとに。