2022年1月21日金曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その358


びっくり鈍器さんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)


Q. SDGsの最後の小文字sって必要な存在なんでしょうか?


いい質問です。と同時にこれはおそらく、ある意味とても日本らしい質問でもあります。

もうだいぶ以前のことになりますが、ある会社のウェブサイト立ち上げに社員でもなんでもない単なる一個人である僕がなぜかお手伝いとして加わり、会議というかシステム要件定義の場にしれっと同席していたことがあります。3つ4つの会社がそれぞれ3、4人ずつ集まっていたので、話し合いが進むにつれて誰がどこの誰だかさっぱりわからなくなったものです。もちろんその中でいちばん不可解な存在だったのは僕だったとおもいますけど。

そうした場のあれこれで今も忘れられないのは、誰かが「グーグルマップの…」と言うたび、それに呼応するようにシステムを担当する側の偉い人が「グーグルマップは…」と答えていたことです。

何しろ日本では「Googleマップ」と表記されているし、グーグルマップスと入力しても予測変換で「グーグルマップ」と「す」に分かれるくらいなので、かなり多くの日本人が知らずにいるのではないかとおもわれますが、正式名称は「Google Maps」です。

なぜ複数形なのかをここで論じるつもりはもちろんありません。僕がここで言いたいのは、どういうわけか日本では複数形というものに対して言語的に大らかであるという点です。たとえば「子供」がそもそも「子」の複数形だったはずなのにそれを忘れて「子供たち」とさらに重ねてしまうあたりからもその雑っぷりがうかがえます。なんとなくここには言語学的な認識の違いみたいなものがある気もするんだけど、そこにも今は立ち入らないでおきましょう。

日本語の観点からするとSDGsも同じ印象があります。複数であることをわざわざ念押ししなくたってSDGで分かりそうなもんじゃないのと首をかしげる気持ちはよくわかるけれども、英語ではそうはいきません。英語圏におけるちっこいsの権力はロスチャイルド家のように強大であり、あるのとないのとでは玉ねぎ1個と玉ねぎ3個くらいの歴然たる違いが出てくるのです。

またSDGsというのはよく知られているように「すてきなダイゴさん」の略称なわけですが、最後のsを取り除くとそれは「すてきなダイゴ」に成り果ててしまいます。もちろんどっちでもすてきなのは変わりません。変わりませんが、違うと言えばぜんぜん違います。何がと言われても困るけど、兎にも角にもなくてはならないし、あってこそある種の平和が保たれる、それがちっこいsというものです。ゆるがせにすることはできません。


A. 必要にして不可欠な存在です。




質問はいつでも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)


その359につづく!  

2022年1月14日金曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その357


すみっコごろしさんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)


Q. 「褒め」と「のろけ」の違いはどこなんでしょう?私はパートナーを尊敬しているのと良いものは良いと言いたい方なのでパートナーの良いところを言いたい時があるのですがそれは「のろけ」でしかなく場合によっては人を傷つける事もありうるのか?と考えてしまうことがあります。大吾さんはパートナーさんのすばらしさをよく呟いておられそれがとても自然で素敵だなあと思っているのでこのどうでもいい逡巡にツッコミをいただけませんでしょうか。


僕は昔から、伴侶についてのいい話を聞くのが大好きです。ひとりのときは「ううむ、こうなりたいものだなあ」とおもっていたし、ふたりになった今でも「ううむ、こうありたいものだなあ」とおもいます。そしていただいた質問は、質問の時点ですごくいい話です。われわれを取り巻く世界に向けて、おまえらみんなちょっとは見習えと言いたい。

僕がこうした話を好むのはつまり、それを語る人が浜辺に打ち上げられたきれいな貝殻を拾う人だからです。ここにもゴミがある、ほらあそこにも、と言いがちな心と、こんな貝殻があった!と見せてくれる心のどちらがいいかなんて、考えるまでもない。ですよね?

したがってこの質問は、「いい貝殻を見せることは時として罪なんだろうか?」と置き換えることができます。罪なわけないじゃないですか?そんなことを気にしなくちゃいけない世界は切なすぎる。

とはいえ貝殻を見せて誰かがダメージを負う、もしくは激しく吐血することを心配されるなら、いちばん手っ取り早いのは話に伴侶を持ち出さないことです。

褒めることが人の長所に光を当てることだとすれば、のろけることには「それを語るじぶんの幸せ」が確実に含まれています。明らかな違いがあるとすればここです。ただし、じぶんの話をしているわけではなくても「それを語るあなたも幸せ」と認定されてしまえばそこに違いはなくなります。そして実際、そう受け止められがちです。

どれだけこちらが注意深くその両者をきちんと区別していても、相手がそれを区別しないなら結果は変わりません。これはもう徹頭徹尾、「受け止める側の問題でしかない」と心に刻みましょう。そしてその可能性がすこしでもありそうなら、聞き役に徹するか、踏みとどまることです。

ここだけの話、安田タイル工業の専務も「おまえは良い浜辺を見つけた」みたいなことしか言わないし、浜辺は基本的にどこも同じできれいな貝殻も同じだけあって流れ着いたゴミはふたりで片付けるように努めるしかないんだと何万回言ってもわからないので、僕もなるべく持ち出さないように心がけています。

大事なのは、じぶんにとってその浜辺がどう見えているかということであって、人が見てどう思うかということではありません。いい貝殻を拾ったら見せたくなるのが人情というものだし、少なくとも僕は見せてもらいたいし、いっしょにワー!と言いたいです。なのでそういうときは僕のところに来てください。昔も今も、きれいな貝殻はいつでも変わらずウェルカムです。

本当は誰だってそのはずだと、僕なんかはおもうんですけども。


A. 伴侶に関するかぎり、ほぼ同じと見なされます




質問はいつでも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)


その358につづく! 

2022年1月7日金曜日

ムール貝博士のパンドラ的質問箱 その356


あけましておめでとうございます。

それでも日々はつづく、ということを改めて実感させられる2022年です。雨が降ろうと槍が降ろうと、それでも明日はやってくるし、実際にこうして来ています。おもえば僕が子どものころから、ということはおそらくそれよりもずっとずっと前から、近ごろ世界が何だかおかしいと言われつづけてきたけれど、今ならそういうことじゃなかったんだなとわかります。いつの時代もおかしいと感じるすべては世代の交代と時代の進行に伴う変化であって、おかしいことなど何もない。天変地異は別として、パンデミックにしても社会の分断にしても、考えてみりゃそうだよな、と頷けることばかりです。

とりあえずまた来る明日のために、ごはんの支度をしよう。


ステップ輪ゴムさんからの質問です。(ペンネームはムール貝博士がてきとうにつけています)


Q. 大吾さんが奥様を「うちのひと」と呼ぶようになった経緯があれば教えていただきたいです。以前はまた違う呼び方をされていたのでしょうか?


多くの人に認知される有名人ならともかく、僕がそんな話をしたところで誰の関心も呼ばないとおもいますが、お答えしましょう。

経緯は特にありません。しいて言えば「妻が」とか「夫が」という言い方には立場とか性差が意図せず滲む印象があるので、なんかめんどくせえなと避けているところがあります。いちばん近くにいる大事な存在を指すだけなのに、夫とか妻とか立場によって使い分ける意味あんのかな、ない気がするな、ということですね。結婚していようといまいと、また性自認が何であろうと、共に歩んでいるならいつでも使えるのでとても楽ちんです。なので「連れ合い」もよく使います。世代もあってか「相方」はまず使わないですね。

その昔、たしか柳瀬尚紀翁だったとおもうけど、随筆か何かで「至近距離の人」という表現があったんですよね。それがスマートですごくカッコよく見えて、オシャレなこと言いやがる!とひとりでジタバタした記憶があります。実際、真似していたような気もする。そんなことまで意識して呼び方を決めたわけでもないけど、今にしておもえばそのニュートラル感からは確実に影響を受けています。ただやっぱり文語的な表現で「至近距離の人がさあ」とは日常的に言えるわけもないので、現実にはまず使いません。重要なのはあくまでそのスタンスです。

一応念を押しておくと、誰もがそうあるべきとは全然おもいません。人が夫や妻と呼ぶのを聞くのはむしろ好きなほうです(なぜだろう…?)。うちの人が僕のことを外で話すときは「夫」で、それも気になりません。なのでこれはまあ、性分みたいなものですね。これが良いともべつにおもってないし、あくまで僕自身がしっくりくるというだけのことです。そういう人もいれば、そうでない人もいる、ルマンドが好きだからと言ってホワイトロリータをわざわざ否定する人はいないのと同じように、ただそれを選択するだけの多様性が保たれるなら、やっぱりそれがベストですよね。


A. 柳瀬尚紀(のはず…)の影響を受けているようです。




質問はいつでも24時間無責任に受け付けています。

dr.moule*gmail.com(*の部分を@に替えてね)


その357につづく! 

2021年12月31日金曜日

2年をへた今、かすかに鳴り響く心のアラート


失われた、と彼らは言うのです。

それまで何ひとつ制約を受けなかった在りし日の日常に思いを馳せながら、本来なら得ていたはずの大小さまざまな機会とその尊さを噛みしめます。いずれ収束したら、とすこし先の未来を思い描くこともあるし、ホントそうだよねと頷くほかありません。

2年もたってまだ現在進行形だなんて想像もできなかったこともあるけれど、いっぽうで僕としてはもうこれ以上、何かを取り戻そうとするような向き合い方をしたくない、という気持ちが日に日に強まっています。あるものを大事にするならともかく、ないものをあったと仮定して惜しむその先に何があるのか、以前とは明確に異なっていて思うようにいかない日々を、否定するのにいいかげんうんざりしつつあるのです。

人生の半ばを過ぎてもいまだに地に足のつかない暮らしをしていることもあって、もしあれもこれもなかったらと想像することが今もよくあります。屋根がなかったらとか、ただでさえ少ない友人がいなくなったらとか、本当に文無しになったらとか、記憶がなくなったらとか、運がなかったらとか、今ほど健康でなかったらとか、たとえばそういうことです。ただどれだけ考えても、常に答えはそうなったらそうなったで生きていくしかないの一択しかありません。そしてまだそうなっていないのだとしたら、むしろその恩恵をしみじみ噛みしめたいのです。誰もが共感する大多数の印象は、そうでない人を不可視にしてしまうことも、忘れたくない。たぶん、「多数による当たり前」に対して心のアラートが鳴っているんだとおもう。

だからこそ、じぶんはどうだろう、まだなんとかなってる、明日はわからないけど、ひとまずそれはいい、よし、ふうー、と大きく息をついて、面を上げて、また明日への一歩を昨日と同じように踏み出したいのです。

それらを踏まえた座右の銘として、心の壁面にはいつでも「Peanuts」におけるスヌーピーの一言がチョークで大きく書きつけてあります。

“YOU PLAY WITH THE CARDS YOU’RE DEALT..” (配られた手札で勝負するしかないんだ)


そうしてどうにかこうにか、今年も大晦日を迎えています。何しろこんな日々なので、振り返るほどのトピックはありません。何か忘れていることがあったかもしれないと一縷の望みを抱いてブログを遡ってみたけれど、1月から10月までパンドラ的質問箱だけがずらずらと並んでいて目ん玉飛び出ました。え、もっと何かないの?いやあるでしょひとつふたつ何かしら、ないの?まじで?10ヶ月もいったい何をしていたの……?

なので挙げられることと言ったらつい先日7年越しに実施された「パン屋再襲撃」と、あとは安田タイル工業の本社ビルが破壊されたこと、並びに弊社の専務が留置場にぶち込まれてこないだ出所したことくらいですね。

改めて、「パン屋の1ダース」に興味を持ってくれたみなさま、本当にありがとう!ちょっとした思いつきで、そういえばまだちょっとだけ残ってた気がするな、と思ったらホントにちょっとだったけど、でもせっかくあるならと久しぶりにレーベルのボスと相談して、ひとつ残らず送り出せたことには感謝しかありません。さすがにあんなことになるとは思いもよらなかったので周章狼狽しきりではあったものの、これもひとえに今もお付き合いくださるみなさまのおかげです。ありがとうありがとうありがとう。


来年はおそらく、今やすっかり雲の上の人になってしまったタケウチカズタケ御大がどう考えても多忙すぎる日々の隙を縫いつつ丹精こめてリメイク(!)してくれた、またそれに伴ってリーディングも新たに録り直したいくつかの楽曲群が形になる…はずです。なるといいな。なりますように。カズタケさんから声をかけてくれたことが本当にうれしくて、新しい作品も生まれたらとか、珍しくそんな気持ちになっています。なぜ恋に落ちないのかと他人事のように首をかしげるばかりです。

さて、長くなりました。ついさっきまで年賀状キャンペーンにひとりどたばたやらかしていて、大晦日なのにおごそかもへったくれもありません。15年以上寄り添ってくれている古参のみなさま、今年初めて出会ってくれたみなさま、新年もこんな調子です。また引きつづき、と言っても特に得るものはありませんが、どのみち昔からそうなのであまりお気になさらず、ひとつよしなにお付き合いくださいませ。

よいお年を!今年もありがとう!

2021年12月25日土曜日

トラバター、12年ぶりに大幅リニューアルのお知らせ

お客様各位

製品リニューアルのご案内


平素は格別のお引き立てをたまわり、厚くお礼申し上げます。

香り高くもコクのあるなめらかな舌ざわりがホットケーキにぴったりと、創業から今年で122年をむかえる今なお絶賛の声を数多く頂戴します弊社トラバターも、世界各地における野生トラ(とりわけアムールトラ)の激減とその保護に伴い、近年はごく少量の生産とさせていただいておりました。

2010年

しかし十年一昔と申しますように、ここ数年で一気に社会的認知が高まり、今やその4文字を目にしない日はないSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)の影響は何にも増して大きく、弊社としてもこのまま世界各地の希少なトラを原料にバターの製造を継続してよいのか、そもそもなぜよりによってトラなのか、というかこれは本当にバターだったのか、主力にして唯一でもある製品の存在意義を根本から揺るがす時代の到来に、新たなブランディングの必要性を痛感いたしました。

そこで改めて原点に立ち返り、未来を見据えた次世代のトラバターの開発に着手、日夜研鑽を重ねてまいりました結果、このたびトラがなくともトラたりうるまったく新しいトラバターとしてパッケージも刷新、大幅にリニューアルをさせていただくことになりましたので、ご案内いたします。

2022年

原料にトラを一切使用しない100%トラフリーでありながら、これまでの躍動感あふれる活き活きとした風味やごく少量の生産といった特徴はそのままに、むしろ野生のトラよりもずっとトラらしい味わいを実現いたしました。時代の趨勢にも沿う逸品です。

お客様には諸事情ご賢察の上ご理解を賜りたく、また今後もより一層の品質向上に努めてまいりますので、引き続きご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

敬具


※従来品からの変更点にご注意ください。
1. トラ成分は含まれておりません。
2. 前を向いて生きるために、在りし日の思い出を除去。
3. 内容量が12年前に比べて12oz(340g)増量となっております。
切替時期:2021年12月より順次



ご希望のかたは件名に「SDGs対応の次世代トラバター」と記入し、

1. 氏名
2. 住所
3. わりとどうでもいい質問をひとつ

上記の3点をもれなくお書き添えの上、dr.moulegmail.com(*を@に替えてね)までメールでご応募ください。

締め切りは12月29日水曜日です。

以前はどこからも応募がないことを見越して年明け3日くらいまではそわそわとお待ちしていましたが、よく考えたらそれはバレンタインデー後も来ないチョコを待ちつづけるのと同じだったので、もうやりません。29日といったら29日です。

応募多数の場合は抽選となります。かれこれ15年くらいこのキャンペーンを続けていますが、未だかつて一度も当たったことがないのは肝心の住所が記されていなかった人くらいの応募率なので、心配は無用です。あえて抽選と釘を刺すことで応募が殺到するかのような印象をでっちあげる立つ瀬のなさを察しつつ、ふるってご応募くださいませ。

今年もありがとうー!

2021年12月24日金曜日

暗く冷たい三畳のメリークリスマス2021


年の瀬も押し迫ったある日、心理的なスパイ組織でもある安田タイル工業の専務からコンタクトがあったのです。

ジリリリリン、ガチャ
「もしもし主任です」
「合言葉を言え。『餃子』
『おいしい』
「よし。実はだな」
「慰安旅行のことですよね」
シッ!その前に伝えることがある」
「誰か聞いてるんですか?」
「実は他でもない、本社ビルが破壊された
「え?本社ビルって」
「安田タイル工業の本社ビルだ」
「あの廃屋みたいな」
「そうだ、しかも満タンのな」
「そのハイオクじゃないですよ」
「なので本社はもうない」
「待って待って破壊?破壊って言いました?」
「映像を送る」
「スパイっぽい!」


「専務じゃないですか」
「何がだ」
「これ壊してるの専務ですよね」
シッ!今言えるのはこれだけだ。また連絡する」
「えっ待って待って慰安旅行は」
「なおこの通話は自動的に切断される。じゃあな」
「手動じゃん」



そうしてこの映像を最後に、専務との連絡は途絶えました。専務に何があったのか、積年の夢でもあった本社ビルはなぜ破壊されなくてはならなかったのか、そして肝心の慰安旅行はどうなるのか、次々と浮かび上がる疑問の先で、今年は本社ビル落成とその後の破壊を超える衝撃が待ち受けていたのです。


世界に向けて遠吠えを!

常に時代の先端で誰かが来るのを待ち続けている心のベンチャー企業、安田タイル工業の気付けばこの10年で半ば義務と化しつつある年末恒例業務が今年も帰ってきた!2020年12月以来となる今回も、専務と社員、総勢2名の大所帯で繰り出します。


※これまでの年末興行については以下をご参照ください。
2010年
2011年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年 前編
2018年 後編
2019年
2020年

※とりわけ重要なのは本社ビルが落成した<2019年>です。


……と思ったらあの日以来、一向に音沙汰がありません。こちらから呼びかけても反応がないし、LINEも既読がつかない。とはいえ専務はもともと年に数回スマホを失くしては契約ごと乗り換えてアカウントその他を一からこしらえる習性があるので、どうせまたそういうことだろうとうっちゃっていたのですが

そんなある日、一通の封書が届きました。見れば差出人は専務です。


中を取り出すと






B5のノート20枚分に文字がびっちりと詰め込まれた修羅のような手紙です。思わずその場で放り投げます。人生でこれほど傷ましい手紙を受け取った記憶がありません。危険物を取り扱うように指先でチラリとノートをめくってはまた放り投げるを繰り返した挙句、そのまま数日寝かせておくことにしました。何しろこっちの腹が据わらないことにはとても読み通せる自信がありません。気味がわるいこと甚だしい。

そうしてどうにかこうにか腹も据わって、しぶしぶ読み始めたところ、


拍子抜けするほどどうでもいいことしか書いていません。跳ね上がった心拍数と寝かせておいた数日がムダに思えてきますが、なんだいつもの専務じゃないかと安堵する反面、内容がまったくないにしては尋常ならざる文字量に若干引っかかるものがあるのも事実です。

そんなことを考えながらぺらぺらと読み進めていたら、あるページで指というか、時が止まりました。


「留置場に居ます。」

獄中手記じゃねえか!


66番と呼ばれていたらしい



そんなわけで手記にもあるように、今年の慰安旅行は物理的に不可能と相成りました。十数年欠かさずにつづけてきて初めての意図せざる中止のようにもおもえますが、じつは過去に一度、専務に彼女ができたという身もふたもない理由で中止になったことがあります。今回が初めてではありません。山もあれば谷もあり、留置場にぶち込まれることもある。それが人生というものです。晴れて自由の身となった暁には、また一からタイルを並べていくといたしましょう。


♪パ〜パラララ〜(エンディングテーマ)


飽くなき探究心と情熱と何らかの罪状を胸に、安田タイル工業は今後も逆風に向かって力強く邁進してまいります。ご期待ください。

安田タイル工業プレゼンツ「専務、留置場にぶち込まれるの巻」 終わり


人生の半ばを過ぎてとうとう公権力の手に落ちた専務に励ましのお便りを出そう!


ちなみにこの獄中手記、全文の末尾に明らかに専務ではない何者かの筆跡で日付が書き込まれており、これがきちんと検閲されたものであることを他の何よりも生々しく証明してくれています。

なお、安田タイル工業の社屋は現在、新宿区に店を構える古書店アルスクモノイのどこかに鎮座する愛らしい支社ビルしかありません。あしからずご了承ください。